Welcome

株式会社SEtechのホームページへようこそ!

”画が出ないイメージセンサ、カメラの開発を通して、世の中をより良くしたい!”

との想いから2015年7月に創業しました。

 従来のイメージセンサ、カメラからは常時画が出るために、カメラ台数だけモニター画面が分割され、モニターし辛い監視システムとなっています。

 特定領域で動きがあった場合のみ画を出し、それ以外は画を出さず、後段のシステムをOFFするという特長を持ったセンサ、カメラを提供することで、モニターする側、される側のストレス軽減、省エネ、情報力削減、小型、低コストといった利点を生じます。

 このカメラは動きの少ない場所での監視、見守りに向いています。例えば立ち入り禁止区域での監視、介護等の現場で特定領域(例えば廊下のドア付近)、での動きの見守り、留守宅の見守りです。複数カメラを連携させると、動き追跡対象物の移動ルートが追えるようになります。

 このカメラは別名”居眠りカメラ”と言います。”寝ている状態(Sleep)”と、”起きている状態(Wake-Up)を繰り返すことで、消費電力の大幅削減、情報量の削減を実現し、ソーラーバッテリー駆動、無線通信機能と組み合わせて、設置場所を問わない見守りカメラを提供します。

  リニアセンサを用いたカメラでは、”画にならないカメラ”が提供できます。動きが無いと画になりません。動きがある部分からのみ情報取得できます。これはプライバシー対策が必要な場面での応用があります。

 IoT社会でのBig-Data取得カメラとしても、”画が出ないセンサ、カメラ” 、及び”画にならないカメラ” を提供することで、新たな価値(省エネ、低ストレス、情報量の削減、健康管理)を創造し、世の中の役に立ちたいと考えています。