スタッフ紹介

関根 弘一
代表取締役

 東芝で長らくイメージセンサ(リニアセンサ、エリアセンサ)の開発に従事し、放送用カメラに一般的に採用されていたFIT-CCD構成、ハニカムCCD構成を初出願。

(国立科学博物館;技術の系統化調査報告 第18集、ビデオカメラ技術の系統化 2013 p.133,134,137;撮像デバイスの年表) 

http://sts.kahaku.go.jp/diversity/document/system/report1.html

 

 在職時には、顧客の要望を叶えるため、ひたすら!  ”画が出るイメージセンサ造り”に傾注。

 退職後、介護の現場見学の際、カメラ台数分だけ画面が分割されてモニターし辛い画像を見て、おおいに反省!し、”画が出ないイメージセンサ、カメラ”を着想!

 

 また、大腸内視鏡専門医の方との会話の中で、人間ドックでの便潜血検査が、大腸がんの初期では50%もの見落とし率があり、癌での死亡率の男性3位、女性で1位で、年間死亡者数が5.1万人(交通事故死亡者の14倍!)であることを伺って驚愕!し、”画にならないカメラ”を着想!

 

 おおいなる反省のもと、定年退職後は、より良い世の中にすべく、”画が出ないセンサ、カメラ、 画にならないカメラ造り”に傾注。国内特許登録を契機に、これらを実現すべくシルバー起業(H27年度創業補助金を活用)。

 

 開発費を工面すべく、H27年度NEDOの研究開発型ベンチャー支援の起業家候補(スタートアップイノベーター)支援補助金に採択(倍率8倍で全国で10件のみ!)。 

http://www.nedo.go.jp/koubo/CA3_100089.html

 

 本補助金を活用し、”画が出ない、画にならないカメラ”を開発し、NEDO-SUI Dream Pitch(Demo Day)で発表(H29.3.16)。

 

 H29.2.1に第一回”かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2017”で最優秀賞(神奈川県知事賞)を受賞し、

テレビ神奈川(TVK)で放映され、夕刊フジの”定年起業への挑戦”のコラムに掲載された。

 

 また、H29.5.24日経新聞で”スタートアップ大競争”の記事の”低迷日本の3つの突破口”の

①大手企業の人材、②シニア、③大学の内、シニア起業家の例として紹介され、

 H29.6.5の日経新聞でも”挑むシニア企業家63万人”にも紹介された(掲載3社)。 

 

 他に”週刊ポスト”、Yahooニュースにも"ヤメ東芝たちの挑戦”とのタイトルで(H29.7)に掲載され、

日刊工業新聞のニュースイッチ(H29.11.12)、神奈川新聞(H30.3.20)でも紹介された。 

 

 H28.4より川崎のNEDOインキュベーションセンターを活用していたが、H29.1より藤沢商工会館3Fの湘南藤沢インキュベーションセンターに活動拠点移し現在に至る。NEDOインキュベーションセンターも活用する。 

 

おまけ

代表者の似顔絵 …何か不自然?

((株)SEtech入社試験問題の一つ;制限時間5分)

似顔絵1.png

 

5分間考えて分からない場合には、

写真の栞の1ページ目にある”スタッフ似顔絵答え”の部分をクリックすると、模範解答と詳細解説が出てくる。