インフォメーション

2024-04-01 10:11:00

 動体イメージセンサ(撮像装置)の特許が登録(特許第7449019号)されました。

 商品陳列棚の発展形で、動体(ピックアップ商品、車、通行人)のみを出力するものです。文字通り動体のみを「選りすぐるセンサ」となります。

 通常のイメージセンサでは常に撮像し画像処理をしていますが、エリアセンサを含めたイメージセンサで、簡単な処理をセンサ上ですることで、背景の静止画を消し、動き物体の画像のみを出す工夫です。これにより後段の信号処理の負担を大幅に軽減できます。

 これはリニアセンサを用いた商品陳列棚だけでなく、一般的な撮影画像から動体のみをイメージセンサより直接出力(走査線毎に動体認識)することを狙います。これにより「イメージセンサからの膨大な画像情報を、リアルタイムでハンドリングして動体を抽出するという」今までの常識を覆します。必要な画像情報(動体画像)のみを処理することで、撮像システム負荷を大幅に軽くし、店舗だけでなく様々なシチュエーションでの情報処理量を減らします。

 通常の撮像システムでは、「イメージセンサからの撮像情報をAI処理して‥」という一般的な発想しかしません(これでAIを使って‥という言葉が蔓延る!)。例えば、AIカメラを沢山配置して、AI画像処理で何を取ったかを判断し、不審者はAIカメラで判断して、AI無人店舗を目指すというのが、よく聞くコンセプトです。AIの進歩や、膨大な画像処理の能力アップ(nVIDIA)を期待した(単にイノベーションを使った)当たり前の発想と、流行の用語(AI)の散りばめだけで、イノベーションと謳われているのが一般的な風潮で、辟易しています(単に学習させているだけで、学習発表会?)。

 人や動物の動きは「action」と言うので、今回の「選りすぐるセンサ」は「Action Imaging」センサと表現することが出来て、弊社の開発している他のAI(Anti-Imaging)センサ同様、「選りすぐるセンサ」も、AIセンサと呼べますネ!。

 これからもAI(Anti-Imaging)を提唱し、イノベーションを創ってを(恐れ多くも)目指しています。まだコンセプトだけなので、また補助金申請しシステム検証(POC)をするか?。POCが無くてもリスクチャレンジするという、気概のある企業は皆無に等しいので!(泣)。

 今回の特許の出願から特許査定までの期間は、弊社知財(12件)中で最短の5ヶ月でした。